FC2ブログ
Welcome to my blog

映画「チョコレートドーナツ」(原作Any Day Now)

号泣する観客が多いと聞いていた「チョコレートドーナツ」
なんだかすごく美味しそう題名なので
「甘~くおしゃれな」恋愛の映画の様ですが…
実話を基にしたストーリー

「チョコレートドーナツ」2012年アメリカ  監督トラビス・ファイン
キャスト アラン・カミング  ギャレット・ディラハント  アイザック・レイバ

1979年カリフォルニア、ゲイのショーダンサー・ルディ(アラン・カミング)と弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)は
一目ぼれのゲイカップル
ルディのアパートの隣人で ドラッグ中毒の母親に見捨てられたダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)と出会い
ルディはマルコを保護し、ポールと同棲しマルコと一緒に暮らす
マルコの好物は「チョコレートドーナツ」
障害があり太っているマルコだがルディとポールは大切にまるで我が子の様に可愛がりそして愛した
家族のように暮らし、3人の愛情が深まっていった
しかし、ルディとポールがゲイカップルだということでマルコと引き離されてしまう…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「障害者・ゲイカップルへの偏見と戦う」
暗く、辛いイメージだが違った
こんなにも心が温まる映画は久しぶり

夫婦・子育て・そして人生って?と考えさせられる
男性同士の愛の語らい はじめは違和感たっぷり
でも、観ている内に「夫婦って男女ばかりではない!こんな両親だっていいじゃない!!」と
3人が「繋がれている」という安心感がスクリーンを通じて感じた

チョコレートドーナツー1

チョコレートドーナツー2

でも…結末に思わず「ウソ!!」と声が出てしまった
あまりに切ない終わり方
「納得できない!!」
あまりに辛い人生に泣いてしまいました~
「泣ける映画」と知っていたからか
号泣まではしなかったけれど、所々ウルウルでした

ゲイ役のアラン・カミングは、実生活でもバイセクシュアルで、同性婚をしています

     ポチっとお願いします
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 豊かな暮らしへ

      

スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply

「るろうに剣心 京都大火編」観てきました♪
「小さいおうち」観てきました!